大人から子供まで飲み続けられるグリーンスムージー

グリーンスムージーは大人から子供まで工夫次第でいくらでも美味しく、そして続けられる健康食品です。

 

野菜の苦手な大人や子供もちょっとした手間と工夫で、まるで別物を飲んでいるかのような錯覚を覚えるくらい味や食感が大きく変化します。

 

それは姿かたちを変える事で、苦手な食べ物が食べられるようになる状況に良く似ています。例えば生トマトのきらいな人でもナポリタンスパゲッティは食べられる人は多くいます。

 

セロリが嫌いな人でも、ペースト状にして煮込み料理に混ぜ込むことで食べる事が出来る人も多くいます。このように素材そのものは苦手でも、ちょっとした手間と工夫でその素材を取ることができる人は多くいます。

 

グリーンスムージーも一緒で、冷製スムージー状態が苦手なら温めたペースト状で飲んでみる、または料理に混ぜてみるという方法があります。

 

これをグリーンスムージーと呼ぶかどうかは争いがありますが、いずれにしても冷製で飲み難いものを無理に毎日飲むことを考えるのであれば、何らかの工夫は必要ですし、時には本来のグリーンスムージーの概念から脱線する事もあります。

 

特に子供にグリーンスムージーを飲ませる時は、味や食感に細心の注意を払う必要があり、嫌いなものを無理にグリーンスムージーとして飲ませると、それが逆にトラウマになることで将来大人になってからも食べる事の出来ない野菜を量産するだけになってしまう可能性があるのです。

 

子供の味覚はとても鋭敏ですし、最初の味の印象付けで失敗すると一生その食材が食べられなくなることは珍しくないのです。

 

野菜嫌いの2歳には粉末タイプのグリーンスムージーがおすすめ(TOP)